明治安田生命×J.LEAGUE

地元の元気プロジェクト
地元の元気プロジェクト

久保田屋(望月農園) みかん​
(静岡県静岡市)​

温暖な清水の気候が生み出す
酸味と甘みの絶妙なバランス

静岡県は全国有数のみかんの産地。中でも温州みかんの収穫量と出荷量は、全国トップクラスです。
静岡県で栽培される温州みかんは主に「青島みかん」で、1935年頃に、静岡市にある青島平十氏のみかん畑で発見されたことで、その名前がつきました。一般的な温州みかんより一回り大きめで、果実が平たいのが特徴です。皮が厚めですが手でむきやすく、貯蔵性に優れ、高い糖度とコクがあります。
今回迎えてくれたのは、由比で代々続くみかん農家「望月農園」の望月崇久さん。みかんは寒い場所では作れない果物ですが、由比は年間平均温度が16.1度と、冬でも温暖な土地なので、たくさんのみかん農家が存在しています。
数多くの柑橘類の品種を取り扱っている「望月農園」。現在、みかんを中心に年間を通じて約50種を、道の駅や地元のスーパー、ネット通販などで販売をしています。中でも地元で大人気のみかんが「はるみ」です。清水にある国立研究開発法人「果樹研究所」が、ぽんかんと清見オレンジをかけあわせて作った品種で、旬を迎える1月頃になると、地元では争奪戦になるほどだとか。身のプチプチとした食感と甘みの強さが特徴的で、種が少なく手で剥きやすいため食べやすさも魅力です。
3月初頭から販売予定の「不知火」は、コクのある濃厚な甘みが特徴。2月上旬に収穫され、現在は貯蔵庫の中でその甘みを増しているところです。
畑で収穫の時期を待っているのが「スルガ甘夏」。こちらも静岡生まれの品種で、糖度が高く上品な甘さがあります。「望月農園」では樹上完熟にこだわり、出荷直前に収穫をしています。

久保田屋(望月農園)

住所:静岡県静岡市清水区由比西山寺585
電話番号:054-375-2996
営業時間:8:00~18:00
定休日:不定休

地元の元気プロジェクト

「地元の元気プロジェクト」

Jリーグをパートナーに全国のまちで、地元のみなさんと対話しながら、一緒に汗を流して地元の元気づくりに取り組んでいきます。