明治安田生命×J.LEAGUE

地元の元気プロジェクト
地元の元気プロジェクト

森永ヨーゴ​
(沖縄県中頭郡)​

県民誰もが知る乳酸菌飲料

「森永ヨーゴ」は、1962年に「ゲンキ ヨーグルト」として誕生して以来、1978年に現在の名称に変わってからもずっと沖縄県民に愛されている乳酸菌飲料です。
「2012年に期間限定で全国販売した際はご好評いただきましたが、これからも沖縄県内でのみ販売していく方針なんです」と、地域密着のこだわりを語るのは、今回訪れた沖縄森永乳業の販売本部部長・喜屋武盛浩さん。
元は、創業者の新垣守さんが県民の健康に寄与したいという想いから開発。甘すぎず、爽やかな酸味が特徴の「森永ヨーゴ」はさっぱりした飲み口。喉に残らず、暑い南国でも飲みやすい仕上がりです。「昔に比べると甘みは調整していますが、それ以外は昔からの味わいを守っています」と、取締役で生産本部工場長の伊波盛秀さんが教えてくれました。ヨーグルトの本場、ヨーロッパの牧草地とマッターホルンがデザインされたパッケージも、爽やかさを演出しています。

沖縄森永乳業

住所:沖縄県中頭郡西原町字東崎4-15
電話番号:098-871-9000

地元の元気プロジェクト

「地元の元気プロジェクト」

Jリーグをパートナーに全国のまちで、地元のみなさんと対話しながら、一緒に汗を流して地元の元気づくりに取り組んでいきます。