相互会社運営

相互会社

保険会社の会社形態には「株式会社」と「相互会社」があり、当社は保険業法に基づいて設立された「相互会社」です。
相互会社とは、ご契約者(剰余金の分配のない保険のみにご加入のご契約者を除く)を「社員」とする社団法人です。ここでいう「社員」とは、社団法人たる会社の構成員のことをいい、株式会社の場合は「株主」がこれに相当します。
当社は「相互会社」形態で運営されている「みなさまの会社」です。「総代会」を中心に、「総代候補者選考委員会」、「評議員会」、「お客さま懇談会」の各機関が連携し「相互会社制度運営」の充実を図ることで、ご契約者お一人おひとりのご意見・ご要望がより経営に反映されるよう努めています。

総代会

保険業法の定めるところにより社員(ご契約者)の代表として選出された総代によって構成される総代会を設置し、決算書類の報告、また剰余金処分や取締役の選任など、経営に関する重要な事項について審議および決議を行ないます。
社員(ご契約者)は総代会を傍聴することができます。お申し込み方法については、総代会開催日前の一定期間、当ホームページでご案内するほか、本社や支社、営業所等の店頭にポスターを掲示してお知らせします。

定時総代会の開催結果について

○第74回定時総代会(2021年7月2日)

○第73回定時総代会(2020年7月2日)

○第72回定時総代会(2019年7月2日)

○第71回定時総代会(2018年7月3日)

○第70回定時総代会(2017年7月4日)

総代報告会

総代への情報提供および総代からの会社に対する提言の場として、総代会とは別に総代報告会を開催しています。

総代候補者選考委員会

総代候補者選考委員会は、社員のなかから総代会で選任された総代候補者選考委員で構成されており、社員の代表たる総代が公正に選出されるよう総代候補者を選定します。当社は、総代候補者選考委員会の任務を補佐する総代候補者選考委員会事務局の事務局長を社外の人材に委嘱しており、総代候補者選考過程における会社からの独立性を確保することに努めています。

総代選出にかかる社員投票のお知らせ

総代候補者選考委員会(以下、「選考委員会」といいます)は、2022年1月に就任する総代の選出および欠員の補欠選出として、102名の方を総代候補者として推薦します。
あわせて、総代となることを希望される社員(ご契約者(※))から立候補を受け付けたところ、定員数を上回る立候補があったため、抽選により22名の総代候補者を選定しました。
選考委員会が推薦する候補者および立候補による候補者計124名について、総代として選出することに同意しない候補者がいる場合は、所定の社員投票用紙に必要事項を記入のうえ、2021年10月31日までに到着するよう投票してください。
また、お客さま専用サイト「MYほけんページ」にご登録いただいているみなさまは、インターネットによる「電子投票」もご利用いただけます。
個々の候補者について、総代として選出することに同意しないとする投票数が、2021年7月末日における社員(ご契約者)の数の10分の1に満たない場合は、総代就任が確定します。
投票結果につきましては、選考委員会委員長立会いのもと、社員(ご契約者)のなかから委嘱された投票管理委員が集計結果を厳正に確認のうえ、総代への就任可否を確定し、2021年11月中旬に当社ホームページおよび店頭等に掲示するポスターにてお知らせする予定です。
(※)「剰余金の分配のない保険」のみにご加入のご契約者は社員とはなりません

<社員投票用紙>
2021年7月末日における社員(ご契約者)を対象に、10月上旬までにお手元に届くよう郵送いたしますが、万一届かない場合は、明治安田生命の本社または最寄りの支社、営業部・営業所、法人部までお申し出ください。

※総代候補者の情報をご覧いただくにはパスワードの入力が必要です。
パスワードは、社員投票用紙と同封して郵送する小冊子「社員投票のお知らせ」の6ページに記載しています。
(パスワードは半角英数字で入力ください。また、英字は大文字・小文字を区別しますので、入力の際はご注意ください)

評議員会

会社からの諮問事項や経営上の重要事項および社員からのご意見・ご要望等のうち、経営に関する重要事項を審議する機関として「評議員会」を設置しています。評議員会は原則年3回開催し、審議事項を総代会において報告しています。

評議員会での意見等について

お客さま懇談会

ご契約者のみなさまに当社の事業活動を報告し、ご理解を深めていただくとともに、ご意見等を直接お伺いすることを目的に、当社は、全国の支社で毎年「お客さま懇談会」を開催しています。
ご契約者から寄せられたご意見・ご要望等については、総代会・評議員会等において報告するとともに、改善を要するご意見・ご要望については、担当部が対応を検討し、経営会議の諮問機関であるお客さま志向検証委員会を通じフォローを実施しています。

お客さま懇談会の開催結果について

ご契約者配当について

「ご契約者配当に関する方針」について

相互会社の構成員であるご契約者(社員)への配当に関する当社の考え方を示した「ご契約者配当に関する方針」を策定いたしました。当方針においては、以下のとおり、経済価値ベースの健全性の水準に応じたご契約者配当のお支払いを行なうこと等について定めています。

(1)ESR:165%以上(ターゲットレンジ)

安定的なご契約者配当を維持します。ESRが220%を安定的に超過する見通しの場合、さらなるご契約者配当を検討・実施します。

(2)ESR:120%以上165%未満

ご契約者配当の確実なお支払いに向け、リスク削減等にかかる取組み・対応を検討・実施します。

(3)ESR:120%未満

健全性の確保に向けた内部留保を優先し、ご契約者配当の水準の引き下げも含めて検討・対応を行ないます。

※ESR(経済価値ベースのソルベンシー比率)
リスクに対して十分な自己資本が確保できているかを示す経済価値ベースの健全性をあらわす指標。なお、ESRの算出方法については、国内における経済価値ベースのソルベンシー規制の導入に向けた検討状況をふまえ、将来的に見直すことがあり、その際にはあわせて、本方針で規定しているESR水準についても見直します。

「MYミューチュアル配当」について

相互会社である当社においては、ご契約者(社員)のみなさまが会社の構成員です。これまで「確かな安心を、いつまでも」お届けできるよう、財務の健全性を第一に考え、長期的に安定した経営に取り組んでまいりました。そして、不測の事態が生じた場合でも、確実に保険金・給付金のお支払いを行なうための備えである内部留保を着実に積み立ててまいりました。「相互会社だからこそできることはないか。」この問いに対する答えとして、2021年10月より、これまでもお支払いしてきたご契約者配当に加えて、内部留保の一部をご契約者のみなさまにお支払いすることといたしました。私たちは、相互会社だからこそできる配当を、これからもお支払い続けられるような経営を行なっていく決意です。

(動画は外部サイトで再生されます)

「MYミューチュアル配当」創設の背景や仕組みについて

(動画は外部サイトで再生されます)

「MYミューチュアル配当」のお支払いについて

健全性水準に応じた経営の方針

ESR水準に応じたご契約者配当のお支払いと投資の考え方を示した「健全性水準に応じた経営の方針」を策定いたしました。

Adobe Reader

PDF マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

ページの先頭に戻る