重要文化財「明治生命館」について

静嘉堂文庫美術館

当社が保有する重要文化財・明治生命館についてご紹介いたします。

明治生命館について

明治生命館は、1934年(昭和9年)3月、3年7ヵ月の歳月をかけて竣工しました。設計は当時の建築学会の重鎮であった東京美術学校(現、東京芸術大学)教授岡田信一郎氏(※)です。古典主義様式の最高傑作として高く評価され、わが国近代洋風建築の発展に寄与した代表的な建造物と言われています。

建築家・岡田信一郎氏/1883年(明治16年)東京生まれ。東大建築学科卒。大正から昭和初期にかけて、歌舞伎座、ニコライ堂修復、日本銀行小樽支店など、建設当時から話題になった作品を多く手がけた建築家です。

1945年(昭和20年)9月12日から1956年(昭和31年)7月18日までの間、アメリカ極東空軍司令部として接収され、この間、1952年(昭和27年)まで2階の会議室が連合国軍最高司令官の諮問機関である対日理事会の会場として使用されました。マッカーサー総司令官もこの会場で開催された会議に何回も出席しています。
1997年(平成9年)5月29日、文化財保護審議会の答申によって、昭和の建造物として初めて国の重要文化財に指定されました。

重要文化財・明治生命館 1934 年(昭和 9)竣工
明治生命館㈫柱意匠

一般公開について

<臨時休館のお知らせ>
明治生命館の一般公開については、静嘉堂文庫美術館移転工事に伴い、当面の間休館を継続し、再開日については改めてお知らせいたします。

静嘉堂文庫美術館
」の移転について

2022年10月、現在東京・世田谷にある「静嘉堂文庫美術館」の展示ギャラリーが、明治生命館1階に移転し、美術館の所蔵する東洋古美術の数々の名品が、日本を代表する近代洋風建築のなかでご覧いただけるようになります。

静嘉堂文庫美術館
」について

静嘉堂文庫美術館
は、三菱第2代社長である岩﨑彌之助が1892年に創設し、その子である三菱第4代社長・小彌太によって拡充されました。父子2代によるコレクションは、国宝7件、重要文化財84件を含む、およそ20万冊の古典籍と、約6,500件の東洋古美術品を収蔵しており、日本の私立美術館ではトップクラスの質と量を誇ります。

岩﨑彌之助 岩﨑小彌太 世田谷区岡本の静嘉堂文庫。 閑静な庭園も親しまれている。

ご利用案内

開館時間<現在休館中>

静嘉堂文庫美術館については、2022年10月開館予定です。

明治生命館については、美術館移転工事に伴い現在一般公開を休止しております。

ご利用案内

所在地
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-1-1

【JRご利用の方】
JR東京駅丸の内南口徒歩5分
JR有楽町駅国際フォーラム口徒歩5分

【地下鉄ご利用の方】
地下鉄千代田線二重橋前駅3番出口直結


明治安田生命公式ソーシャルメディア