表記について

読み方について

男の子は『蓮』くんが2年連続
女の子は『凛』ちゃんが5年ぶり2回目のトップ!

男の子の名前は、『蓮』くんが2年連続6回目の首位となりました。植物の「蓮(はす)」は、仏教の象徴的な花であり、寺院など日本らしさを連想する植物であるとともに、泥の中で力強く根を張るその特徴から、大地に根ざす力強いイメージがあります。今年は元号改正により新しい時代に突入するなか、改めて「日本人らしさ」と「力強さ」を併せ持つ、『蓮』くんが人気となっているのかもしれません。
次いで、昨年5位から順位を上げた『陽翔』くん、初のトップ10入りとなった『新』くん(昨年15位)が同率で2位となりました。「陽翔」という字にはそれぞれ「日の当たる明るいところ(陽)」を「空高く大きく羽ばたく(翔)」というイメージが、また、「新」という字には新時代の始まりを連想させる希望に満ち溢れたイメージがあり、いずれも新たな時代へ向けた親の想いからか、人気となっています。

ランキングを見る

女の子の名前は、『凛』ちゃんが昨年の5位から順位を上げ、5年ぶり2回目のトップを獲得しました。「凛」という字には、可愛らしさに加えて、「凛とした」や「凛々(りり)しい」といった言葉からも連想される力強いイメージがあります。社会における女性の活躍が目覚ましい昨今、「新しい時代を力強く切り開いてほしい」という親の想いが込められているのかもしれません。
次いで、2位には、昨年の13位から大きく順位を上げた『陽葵』ちゃんがランクインしました。「葵」の字は、「向日葵(ひまわり)」に用いられているように「太陽の方向を向く植物」という意味があります。明るくポジティブなイメージのある「陽」の字と組み合わせた『陽葵』ちゃんの人気が上昇しているのも、新時代において「明るく、人生に迷うことなく、前向きに育ってほしい」という親の願いが感じられます。

ランキングを見る

漢字一文字の名前が引き続き人気!

男の子の名前は、漢字一文字の名前がベスト10に1989年の調査開始以来、過去最多タイとなる6つランクインしたほか、ベスト50では17の名前がランクインするなど、人気となっています。
漢字一文字の名前は、一般的に、漢字の持つ意味がより強調されると言われています。今年のランキングにおいて漢字一文字の名前が人気となっているのは、新たな時代を迎え、我が子の名前に親の想いをより映しだしたいという気持ちが反映しているのかもしれません。

ベスト50にランクインした漢字一文字の名前(男の子)

名前 順位 (昨年順位)
第1位 (第1位)
第3位 (第15位)
第4位 (第2位)
(第10位)
(第12位)
第7位 (第7位)
第13位 (第20位)
第18位 (第20位)
第22位 (第12位)
 
名前 順位 (昨年順位)
第22位 (第33位)
(ランク外)
第30位 (第28位)
第35位 (第28位)
(第39位)
(ランク外)
第43位 (第45位)
第48位 (ランク外)

使用漢字は「太」・「翔」・「大」が不動の人気!

男の子の名前に多く使用された漢字の上位5位は順に、「太」「翔」「大」「斗」「陽」と、昨年調査から順位に変動はなく、人気の漢字は徐々に固定化されています。

ランキングを見る

令和の時代に入り、「和を連想させる」名前の人気が上昇!

新元号「令和」が、現存する日本最古の和歌集「万葉集」から採用されたということで話題になりました。その影響からか、今年の女の子の名前をみると、日本が誇る織物の一種である「紬」を用いた『紬』ちゃんが5位(昨年9位)となったほか、日本の四季を感じさせる『心春』ちゃんが8位(同24位)、『詩』ちゃんが20位(同38位)、『琴葉』ちゃんが23位(同25位)となるなど、日本らしい「和を連想させる」名前の人気が上昇しています。
また、近年の女の子の名前では、昭和後期までは上位に複数名ランクインしていた『○子』ちゃんが少なくなる「子」離れが進んでいます。今年の調査では、「和を連想させる」名前の人気上昇の影響からか、『莉子』ちゃんが昨年10位から6位に順位を上げました。また、ベスト100でみると98位に『桜子』ちゃんがランクインしています。今後、新元号のもと、「和を連想させる」名前の人気が高まれば、『○子』ちゃんブームの再来があるかもしれません。

使用漢字は「奈」が調査開始以来初の首位に!

女の子の名前に使用された漢字は、「奈」が初めての首位を獲得しました。女の子の名前では、「ナ」でとめる読み方が人気となっており、そのなかでも近年は、自然を連想させる名前が人気となる「ネイチャーブーム」の影響から、「菜」に人気が集まっていましたが、今年の調査では、4年ぶりに「菜」と「奈」の順位が逆転しました。「奈」は、古来より文学や地名によく用いられる漢字であり、「菜」と比べても日本らしいイメージがあります。「和を連想させる」名前の人気は、使用漢字の順位にも影響がみられています。

ランキングを見る

女の子の使用漢字「奈」の順位

順位 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
5位 2位 6位 4位 7位 2位 3位 3位 5位 1位
4位 4位 2位 1位 2位 3位 2位 1位 3位 3位

子供の名前の東西比較
中国・四国では男の子の『伊織』くん、九州・沖縄では女の子の『心春』ちゃんが首位!

東西で名前を比較すると、東日本・西日本ともに、男の子の『蓮』くん、女の子の『凛』ちゃんが絶大な人気を誇っているようです。
地域別にみると、男の子でトップとなった『蓮』くんは、北海道・東北地方、関東地方、九州・沖縄地方でトップとなりましたが、中部地方では『新』くん、近畿地方では『律』くん、中国・四国地方では全体22位の『伊織』くんが1位となりました。
また、女の子では、北海道・東北地方、中部地方、近畿地方、中国・四国地方では『凛』ちゃんが1位になった一方、関東地方では『杏』ちゃんがトップになりました。また、九州・沖縄地方では、1位に『心春』ちゃん、2位に『心陽』ちゃんがランクインするなど、「心」を用いた名前が人気となりました。

東日本・西日本の子供の名前(表記)ベスト3

※名前横の( )内の順位は全国順位を示します

東日本
順位 名前
(男の子)
順位 名前
(女の子)
第1位 蓮(1位) 第1位 凛(1位)
第2位 陽翔(2位) 第2位 陽葵(2位)
第3位 新(2位) 第3位 杏(3位)
紬(5位)
  西日本
順位 名前
(男の子)
順位 名前
(女の子)
第1位 蓮(1位) 第1位 凛(1位)
第2位 律(4位) 第2位 結愛(3位)
第3位 悠斗(13位) 第3位 心春(8位)

地域別の子供の名前(表記)ベスト3

※名前横の( )内の順位は全国順位を示します
同順位については、全体順位が高い名前を上位から3つ抜粋して記載しています

男の子

  北海道
東北
関東 中部 近畿 中国
四国
九州
沖縄
第1位 蓮(1位) 蓮(1位) 新(2位) 律(4位) 伊織(22位) 蓮(1位)
第2位 樹(7位)
旭(22位)
陽翔(2位) 蒼(4位) 蒼(4位)
朝陽(10位)
蓮(1位)
新(2位)
湊(4位)
第3位 樹(7位) 陽翔(2位) 悠翔(30位)

女の子

  北海道
東北
関東 中部 近畿 中国
四国
九州
沖縄
第1位 凛(1位) 杏(3位) 凛(1位) 凛(1位)
結愛(3位)
凛(1位) 心春(10位)
第2位 陽葵(2位) 凛(1位) 陽葵(2位) 結愛(3位) 結月(7位)
心陽(29位)
第3位 芽依(8位) 陽葵(2位) 結月(7位) 葵(12位) 紬(5位)

※東日本・西日本、地域別のランキングは以下の都道府県を集計しています

○東日本 北海道・東北 :北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東 :茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川
中部 :新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、三重、岐阜、静岡、愛知
○西日本 近畿 :滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
中国・四国 :鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知
九州・沖縄 :福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

名前ベスト100

1位

  • 読み方

2位

陽翔

  • 読み方

4位



  • 読み方

読み方ベスト50

1位

ハルト

  • 人気漢字

2位

ソウタ

  • 人気漢字

3位

ミナト

  • 人気漢字

4位

ユウト

5位

リク

名前ベスト100

1位

  • 読み方

2位

陽葵

  • 読み方

3位

結愛

  • 読み方

5位

  • 読み方

読み方ベスト50

1位

メイ

  • 人気漢字

2位

ヒマリ

  • 人気漢字

3位

ハナ

  • 人気漢字

4位

リン

5位

サクラ

ページの先頭に戻る