時代による名前の人気の変遷

大正時代

「正」の漢字と『清』くんが人気

元号改正の影響で、1912(大正1)年は『正一』くん、1913(大正2)年は『正二』くん、1914(大正3)年は『正三』くんが1位になるなど、「正」の漢字が人気でした。
また、『清』くんが大正時代の15年間のうち、1位9回、2位5回と圧倒的な人気でした。『清』くんの人気は昭和に入っても続き、1955(昭和30)年まで常にベスト10にランクインしました。

昭和に元号改正となった当初

「昭」の漢字が人気

1927(昭和2)年の1位は『昭二』くん、2位は『昭』くん、1928(昭和3)年の1位は『昭三』くんと元号改正が反映されています。1926(昭和1)年は、元号改正が12月25日で7日間しかなかったためか、名前への影響は見られません。

戦時中

『勇』くん・『勝』くんが人気

1937(昭和12)年に日中戦争、1941(昭和16)年に太平洋戦争が勃発。戦中は、『勇』くんと『勝』くんがトップを二分しました。また、この時期『勲』くんや『功』くんもベスト10にランクインしています。

昭和20年代

『博』くん・『茂』くんが人気

1945(昭和20)年に終戦を迎え、『勇』くん・『勝』くんがベスト10から外れ、従来から人気のあった『博』くん・『茂』くんが1位・2位に。『茂』くんは吉田茂首相の影響が大きかったのではないでしょうか。

昭和30年代から40年代

『誠』くんが人気

『誠』くんは1952(昭和27)年にベスト3入りしてから、1980(昭和55)年まで常にベスト3にランクイン。28年間で1位の回数は18回と圧倒的な人気。『清』くんから『誠』くんへ世代交代が行なわれたときでもあります。1974(昭和49)年に映画「愛と誠」が公開された当時も1位でした。
また、皇室慶事としては、1960(昭和35)年に皇太子さま(徳仁親王、ご称号:浩宮)がご誕生され、同年と翌年1961(昭和36)年には、皇太子さまのご称号浩宮さまの影響を受け、『浩』くんが男の子の名前の1位になっています。

昭和50年代

『大輔』くんブーム

『大輔』くんは1974(昭和49)年にベスト3にランクイン、1986(昭和61)年までベスト3を維持、1979(昭和54)年から1986(昭和61)年まで連続8年間1位でした。1980(昭和55)年の高校野球で荒木大輔選手が甲子園に出場し、大輔ブームを支えました。

昭和60年代から平成一桁

『翔太』くん・『拓也』くん・『健太』くんが人気

昭和末期からは、『翔太』くん・『拓也』くん・『健太』くんが人気となり、1989(平成1)年から1995(平成7)年まで7年連続で、これらの名前がベスト3を占めました。
また、この頃から、「翔」「樹」「海」「翼」など大自然を連想させる字が目立つようになり、子供の名前は多様化してきました。なお、平成への元号改正(1989年)による影響は、大正や昭和のときほど顕著ではありませんでしたが、『翔平』くんがベスト10入りするなど、「平」の漢字を使った名前が多くランクアップしました。

平成10年代

人気は、『大輝』くんから『大翔』くんへ

『大輝』くんは1998(平成10)年に1位となり、2003(平成15)年までの6年間でトップを4回、3位を1回と人気でした。その後、『大翔』くんが2005(平成17)年に1位となり、以降2位、1位と安定的な人気を保っています。
また、皇室慶事としては、2006(平成18)年に、悠仁さまがご誕生されると『悠斗』くんが6位に、翌2007(平成19)年には、『悠斗』くんが5位、『悠希』くんが10位とベスト10入りしたほか、男の子の名前で、「悠」を使った名前がベスト100に9個も登場するなど、ご誕生の影響がさらにあらわれました。

平成20年代以降

人気は、『大翔』くん、『蓮』くん、『悠真』くんへ

『大翔』くんは2011(平成23)年まで5年連続で1位となっていたものの、2012(平成24)年には遂に前年に1位タイとなっていた『蓮』くんに1位の座を明け渡します。その後、2013(平成25)年には『悠真』くんが1位、2014(平成26)年には再び『蓮』くんが1位、2015年(平成27年)には4年ぶりに『大翔』くんが1位となり、3つ巴の人気争いでした。最近の傾向としては、今年1位になった『蒼』くんをはじめ、『樹』くん、『蓮』くんといった、漢字一文字の名前の人気が上昇しているのも特徴です。