グループコンプライアンス基本方針

同方針より一部抜粋して掲載しております。

1. 本方針の目的

当社は、「確かな安心を、いつまでも」という経営理念のもと、グループ内部統制基本方針に基づき、明治安田生命グループ(以下、グループ)のコンプライアンスを推進するにあたっての基本的な事項を定める。
なお、本方針において、グループ会社とは、子会社、子法人等からなる実質子会社および関連法人等をいう。

2. コンプライアンスの基本的な考え方

当社は、グループ経営の健全性・適切性の前提として、業務遂行のあらゆる面においてコンプライアンスが最優先されると認識し、次のとおり基本的な考え方を定める。

3. コンプライアンスの推進体制(略)

4. 推進すべきコンプライアンス項目(略)

5. コンプライアンス推進の方法(略)

6. 当社によるグループ会社への支援・指導(略)

7. 当社単体のコンプライアンスの推進体制

(1) コンプライアンスに関する事項を一元管理する部署およびコンプライアンスに関する事項を審議する委員会を設置する。

(2) 当社のコンプライアンスを推進するための方針・規程等を整備する。

(3) コンプライアンス上問題となる行為を発見した場合の報告体制を整備する。

(4) コンプライアンスに関する重要な課題を、適時適切に経営層に報告する体制を維持する。

8. 当社単体の推進すべきコンプライアンス項目

当社は、4.に記載のグループとしてのコンプライアンス推進項目をふまえ、当社として特に推進すべきコンプライアンス項目を以下のとおり定める。

(1) 当社およびグループ内の金融機関が行なう取引において、お客さまの利益が不当に害されることのないよう、利益相反のおそれのある取引を適切に管理する。

(2) お客さまの個人情報を含む当社の機密情報を適切に取り扱うとともに、それらを保護・管理するよう適切な措置を実施する。

(3) 暴力団やその他犯罪組織等の反社会的勢力との関係を遮断するよう適切な措置を実施する。

(4) 取引がマネー・ローンダリングおよびテロ資金供与に利用されないよう適切な措置を実施する。

(5) 職務上、他社の重要情報やそれに該当する可能性のある情報を取得した場合において、その情報が公表される前に、当該会社の株式等の売買をするなどの不公正な取引(インサイダー取引)を未然に防止するよう適切な措置を実施する。

(6) 不当な利益や優遇措置の取得・維持等を目的とする接待・贈答・金銭その他の利益・優遇の授受・供与を未然に防止するよう適切な措置を実施する。

(7) 談合等の競争制限や取引上の地位を利用して不正な利益を得る等の不公正な取引は行なわない。

9. 当社単体のコンプライアンス推進の方法

当社は、当社のコンプライアンス推進の有効性を確保するために、当社におけるコンプライアンス推進の方法を以下のとおり定める。

(1) コンプライアンスを実現するための具体的な計画として、コンプライアンス実践計画を年度ごとに策定し、推進する。

(2) 役職員一人ひとりの高い倫理観の醸成と組織のコンプライアンス風土定着に向けて、コンプライアンスの周知・教育を継続的に行なう。

(3) お客さまに最適な商品と質の高いサービスを提供することに努める。

(4) 内部通報窓口を設置し、通常の報告体制が機能しない場合、発見者から内部通報窓口への直接報告するルートを確保する。また、通報を理由とした不利益取り扱いは行なわない。

(5) コンプライアンス上問題となる行為の報告を受けた部署が速やかに調査を行ない、一定の不祥事故の場合、社内規程に則り、行為者に対し厳正な懲戒処分を行なう。

(6) コンプライアンス上問題となる行為が発生した場合、原因分析や再発防止策の策定等を行ない、速やかに改善するよう適切な措置を実施する。

(7) 経営に重大な影響を及ぼす事項またはその懸念を発見・認識した場合には、これらの拡大または発生の防止に努めるとともに、取締役会に速やかに報告を行なう。

ページの先頭に戻る