このサイトでは音声が流れます。
音量にご注意ください。

NEWS

細田守監督とプロデューサーの齋藤優一郎が2011年に設立。 『スタジオ地図』という名前には、アニメーション映画未開の領域を拓くという意味が込められている。
アニメーション映画を中心に制作し、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)、『未来のミライ』を発表。2018年公開した『未来のミライ』では第71回カンヌ国際映画祭の監督週間で公式上映、第91回米国アカデミー賞の長編アニメ映画賞や第76回ゴールデングローブ賞のアニメーション映画賞にノミネートされ、第46回アニー賞では最優秀インディペンデント・アニメーション映画賞を受賞した。

いま、ぼくらは時代の大きな変化の瞬間に立ち会っています。
これまで揺るがなかった多くの価値観がガラガラと音を立てて崩れ、
世界中の誰もが、未来への地図を持てずに生きています。
そんな時代の中、ぼくらは「アニメーションは世界を肯定するもの」だと信じています。
どんな時代であったとしても、
アニメーションとは、子どもたちの生きる今と未来を肯定しなければならない。
ぼくらは、これからもアニメーションの力を信じて、
全世界の若者と子どもたち、そしてその家族に向けて、
この時代に新しい価値と未来を描く「挑戦者」であり続けたい。

未来へ生きる一人の女性の力を、
アニメーションを通してお届けできたら幸いです。

スタジオ地図

亜 希(25歳)

宮城県仙台市出身。
進路に迷うこともあったが、「やりたいことやって、一生懸命生きてくれたら、それでいい」という母の言葉に背中を押され、自分のできることを精一杯やろうと、大学卒業後、明治安田生命のMYライフプランアドバイザーとして働きだす。
横浜周辺を担当する3年目。責任感が強く、どんなことにも一生懸命にぶつかる。

CV:七木奏音(ななき かのん)

亜希のイメージスケッチ

アニメーション監督 青木 弘安

何か新しいことを始める時や、困難に立ち向かわなければならない時。
足がすくんでしまうことは誰にでもあることだと思います。
そんな時に、好きな映画にささやかに背中を押されるというような経験もまた、
多くの人が味わったことがあるのではないでしょうか。
映画の中の誰かの気持ちが、見る人の優しさに変換されて、その優しさがまた他の誰かの優しさに連鎖していく。
そんな事をシンプルに感じて頂けたら嬉しいです。

[青木弘安氏:プロフィール] Hiroyasu Aoki
1985年栃木県生まれ。アニメーション監督。「HERO MASK」監督、映画「バケモノの子」では助監督を務めた。

作画監督(キャラクターデザイン) 青山 浩行

MYライフプランアドバイザーとしての経験はまだ浅く、思う様な結果を出せない事が多いけれど、
失敗しながらも学んでいこうとする前向きな人をイメージして描きました。
若手らしい、元気とフレッシュさを感じてもらえればと思います。

[青山浩行氏:プロフィール] Hiroyuki Aoyama
テレコム・アニメーションフィルム、フリーを経て、現在はスタジオ地図所属。 『スペースダンディ』(14)で作画監督、『コクリコ坂』(11)、『風立ちぬ』(13)などで原画を担当。 細田守監督作品では『ONE PIECE THE MOVIEオマツリ男爵と秘密の島』(05)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、 『バケモノの子』(15)で原画、『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『未来のミライ』(18)で作画監督を務めた。

worksworks

  • 2006年公開

    待ってられない未来がある。

    筒井康隆の小説を再構築し、初のアニメーション映画化。タイムリープという、過去に飛べる能力を手にした女子高校生の真琴は、自分の過去をやり直していくうちに「人生のかけがえのない時間」の意味を見つけ出していく――。瑞々しいひと夏を描いた青春物語。
    ©「時をかける少女」製作委員会2006

  • 2009年公開

    これは新しい戦争だ。

    数学だけが取り柄の少年が、長野の田舎で憧れの先輩とその親戚達とともに、“OZ“と呼ばれる仮想空間から勃発した世界の危機に挑む。インターネットと田舎の大家族という全くかけ離れたモチーフをもとに、豪快なバトルと繊細な人間ドラマで魅せる夏のアクション家族映画。
    ©2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

  • 2012年公開

    私が好きになった人は、“おおかみおとこ”でした。私は、この子たちと生きていく。

    “おおかみおとこ”と恋に落ちた“花”は、“雪”と“雨”という2人の“おおかみこども”を授かるが、彼は帰らぬ人に。残されたこども達が、“人間”と“おおかみ”どちらの生き方も選べるように、花は大自然豊かな田舎町へと移り住む。母と子の13年間にわたる感動の物語。
    ©2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

  • 2015年公開

    キミとなら、強くなれる。

    ある日、ひとりぼっちの少年・九太は、強さを求めて、バケモノ・熊徹に弟子入りをする。初めはことあるごとにぶつかり合う2人だったが、修行の日々を通して、共に成長し、いつしか、まるで本当の親子のような絆を育んでいく。こどもの成長を祝福する沢山の父親たちの物語。
    ©2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

  • 2018年公開

    ボクは未来に出会った。この世界は、未来にあふれてる。

    4歳の甘えん坊の男の子くんちゃんは、未来からやってきた妹のミライちゃんに導かれ、時をこえた“家族の物語”へと旅立ちます。『未来のミライ』は小さな子どもの目線を通し、その家族の日常を描きながら、繰り返し続いてきた家族の歴史、大きな時間の流れ、生命の循環といった、巨大なテーマにたどり着いた作品。
    ©2018 スタジオ地図

スタジオ地図 オリジナル・アニメーションCM
「亜希のちかい」

『サマーウォーズ』10周年タイアップCM
「私は、私のやさしさを、がんばる。」