「開かれた経営」をめざして

「開かれた経営」をめざし、ご契約者(社員)をはじめとするみなさまの声に真摯に耳を傾け、いただいたご意見・ご要望等を経営に反映させるよう努めています。

「総代会」の開催

「総代会」の様子 「総代会」の様子

当社における最高意思決定機関は「総代会」です。総代会では、全国の約642万人(2019年度末)の社員※1の代表として選出された「総代」が出席し、決算書類の報告、剰余金処分や取締役の選任など経営に関する重要事項について審議や決議を行ないます。
2020年7月2日に開催した第73回定時総代会では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、安全確保等を最優先し、総代のみなさまには、極力委任状によりご出席いただき当日の来場はお控えいただくようご案内するとともに、例年よりも議事を簡潔にして開催しました。
当日は、「2019年度決算の概要」や「新型コロナウイルス感染症への当社の対応および新たな経営計画」等について簡潔に報告した後、コロナ禍における当社の現状と今後の見通しや、在宅でのテレワーク状況および今後の取組み等あらかじめ書面でいただいたご質問への回答を行ないました。
その後、決議事項5件について審議を行ない、いずれの議案も原案どおり承認可決されました。
なお、総代の定数は定款において222人と定められており、そのうち200人は総代候補者選考委員会※2の推薦により選出され、22人については立候補制※3により選出されます。

※1 社員
相互会社の「社員」とは、保険契約のご契約者お一人おひとりのことをいい、株式会社の株主に相当します。ただし、剰余金の分配のない保険契約のみにご加入のご契約者は社員には含まれません。

※2 総代候補者選考委員会
社員のなかから総代会において選任された最大10名の総代候補者選考委員で構成され、幅広い層の社員から総代が選出されるよう、総代候補者を選定します。当社は、総代候補者選考委員会を補佐する選考委員会事務局長を社外の人材に委嘱するなど、総代候補者選考過程における会社からの独立性確保と透明性の向上に努めています。

※3 立候補制
総代になることを希望される社員から立候補を受け付け、総代候補者を選定する制度です。

関連情報

「総代報告会」の開催

総代への情報提供と総代から当社へのご提言の機会を増やすために、「総代会」とは別に「総代報告会」を開催しています。
2019年12月開催の「総代報告会」では、「2019年度上半期報告」について説明し、スタンコープ社のネスCEOのビデオメッセージをご覧いただいた後、「みんなの健活プロジェクトの取組状況」と「明治安田生命発足15年の振り返り、長期的な経営の基本方向と新たな3ヵ年プログラムの策定」について引き続き説明を行ない、その後、総代のみなさまから多くのご意見・ご質問等をいただきました。

関連情報

「評議員会」の開催

「評議員会」の様子「評議員会」の様子

経営に関する重要事項を諮問する機関として「評議員会」を原則年3回開催しており、2019年11月と2020年2月の「評議員会」では主に以下の議題について審議しました。なお、評議員は社員または学識経験者のなかから「総代会」の承認を経て選出され、「評議員会」での審議事項は「総代会」に報告しています。

  • 第48回評議員会(2019年11月21日)
  • 2019年度上半期報告
  • 新たな長期戦略の基本方向等の検討状況
  • 第49回評議員会(2020年2月18日)
  • 2019年度決算見通し
  • 10年計画「MY Mutual Way 2030」および3ヵ年プログラム「MY Mutual Way Ⅰ期」
  • 地域共生プロジェクト<仮称>における取組事項

「お客さま懇談会」の開催

「お客さま懇談会」の様子「お客さま懇談会」の様子

ご契約者のみなさまに当社の事業活動を報告し、ご理解を深めていただくとともに、ご意見やご要望等を直接お伺いし、業務改善に活かすために「お客さま懇談会」を1973年から毎年開催しています。
2019年度(2020年1~2月)は、全国の支社など101会場で開催し、合計2,347人のご契約者にご出席いただき、7,347件のご意見・ご要望等をいただきました。
なお、当日の出席が難しいお客さまからも幅広く経営に関するご意見・ご要望等をお伺いするため、「お客さま懇談会」開催期間に、当社公式ホームページ内にご意見をお寄せいただくためのページを開設しています。
これらのご意見・ご要望等は、「総代会」・「評議員会」などで報告するとともに、改善が必要と思われる事項については担当部署で検討し、経営会議の諮問機関である「お客さま志向検証委員会」を通じて改善に向けた取組みを推進しています。

関連情報

ページの先頭に戻る