介護保障は必要?

要介護認定者は、近年の高齢化にともない急速に増加しています。また、 公的介護保険制度では満40歳未満の方は対象外であり、満40~満64歳の方についても特定の疾病のみが給付の対象となります。
そのため要介護状態になった場合に初期費用に活用できる「一時金」タイプの保障だけでなく、その後の収入の補てんができる「年金」タイプの保障も自助努力で準備することをお勧めします。
なお、支払事由が公的介護保険制度と連動している商品も発売されています。

要介護(要支援)認定者は・・・

【要介護(要支援)認定者の推移】14年間で約2.6倍以上増加

出典元:厚生労働省「介護保険事業状況報告(暫定)」(平成12年4月,平成26年4月分)

ページの先頭に戻る

公的介護保険の給付対象は?

満40歳~満64歳で公的介護保険に加入している方 満65歳以上で公的介護保険に加入している方

さらに・・・ 公的介護保険制度は、介護サービスの提供等、原則現物支給です。

ページの先頭に戻る

要介護状態になった場合の初期費用は?

【車イス等の購入物】【住宅の増改築】必要と考える資金額(初期費用)平均約262万円

出典元:生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」

ページの先頭に戻る

要介護状態になった場合の必要となる費用は?

「ご自身の療養費と生活費」から「公的保障の受給額」を差し引いた金額が必要保障額となります。

生活するための費用

年齢が若い時に要介護状態になった場合、一般的にその後の療養期間が長くなるため生活費や医療費は高額となる場合があります!

ページの先頭に戻る

介護保障を準備するポイントは?

初期費用に活用できる一時金+収入の補てんとして一生涯受け取れる年金+支払事由が公的介護保険制度と連動する商品

一時金の保障に加え、その後の生活費として「一生涯受け取れる年金」や「公的介護保険制度と連動」等の特徴がある介護保障を準備することがポイントです。

公的年金制度に関する記載は2015年1月現在の制度に基づくものです
公的介護保険制度に関する記載は2015年1月現在の制度に基づくものです

募Ⅱ2100363営企

ページの先頭に戻る

おすすめの生命保険商品

豊富な特約ラインアップに健康増進をサポートするしくみをプラスした、ご加入後も変化に応じて見直せる保険

豊富な特約ラインアップに健康増進をサポートするしくみをプラスした、ご加入後も変化に応じて見直せる保険です。

関連リンク

お問い合わせ

ご来店でのお問い合わせ

生命保険に関する新規ご加入・保障内容の見直しについてのご相談等

当社ご加入の生命保険に関するご質問・お手続き

電話でのお問い合わせ

生命保険に関するご質問・お手続きはコミュニケーションセンターにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-662-332

受付時間

月曜~金曜:9:00~18:00 土曜:9:00~17:00
(いずれも祝日・年末年始は除く)

カードの紛失・盗難のご連絡は24時間受け付けております。

チャット・チャットボットによるお問い合わせ

保険のご検討や、生命保険料控除証明書の再発行・解約請求書の送付については、チャットによるご相談も承っております。
また、質問を入力いただければ、チャットボットでもお答えをいたします。

パンフレット請求

ご希望プラン請求

シミュレーション

ページの先頭に戻る