人にやさしいアニメーション

人に一番やさしい生命保険会社へ。

お客さま、地域社会、そして働く仲間にとって
「やさしい」会社でありたい。
私たち明治安田生命は、信頼を得て選ばれ続ける
「人に一番やさしい生命保険会社」をめざしています。

"人にやさしいアニメーション"とは?

「人に一番やさしい生命保険会社」をめざしている
明治安田生命の想いを
より多くの方々に
知っていただくために制作したアニメーションです。
明治安田生命の従業員が普段の日常のなかで
体験した実話に基づく「やさしさの物語」を
著名な作家のみなさんが、
個性豊かなアニメーションで表現しています。
相互扶助の精神を大切に、お客さまそして
地域社会とともに歩んでいきたい....
このアニメーションがきっかけとなり、
やさしさが連鎖していくことを願っています。

人がもっと人にやさしくなれますように。

  • Episode1 バスと赤ちゃん

    バスの車内で赤ちゃんを連れたお母さん。混雑で泣き出した赤ちゃんを必死にあやしていると…
    episode 1
    アニメーション作家
    岡崎恵理

    大学卒業制作「FEED」が国内外のアニメーション映画祭でノミネート、数々の賞を受賞。アニメーター、イラストレーターとしてCM、WEBアニメーションの制作を手がけている。

  • Episode2 クマと傘

    帰宅中のサッカー部の少年。鞄からクマのストラップが落ちてしまって…
    episode 2
    アニメーション作家
    宮かなえ

    数々の作品に関わり、素材感を大切にした暖かみのある作風を特長とし、イラストレーター、アニメーターとして制作を手がけている。

  • Episode3 ジャグとニット帽

    サッカー部の部室の前でたたずむ学生。マネージャーとの出会いはここからはじまった…
    episode 3
    アニメーション作家
    きのしたがく

    海外留学帰国後、フリーランスの映像作家として、キャラクターデザインや2Dと3DCGを融合した手書きスタイルの柔らかい絵柄のアニメーションでテレビ番組、MVなどを手がけている。
    代表作:オリジナル作品「セピア色のとけい」

  • Episode4 スマホと松葉づえ

    長い横断歩道をひたすらに渡る松葉杖の男性。青信号が変わりそうになったその時…
    episode 4
    アニメーション作家
    赤間祐一

    大学卒業後、演劇やテレビ番組等の媒体で映像やアニメーションを制作。並行して手描きのオリジナルアニメーションの制作を行っている。
    代表作:オリジナル作品「mokumoku」

  • Episode5 トマトと自転車

    近所のスーパーマーケットに自転車で買い物に出掛けた女性。美味しそうなトマトに手を伸ばしたその時…
    episode 5
    アニメーション作家
    和田洋平

    映像制作会社を経て、渡仏。帰国後はフリーランスのアニメーションディレクターとして活動し、CM・WEBアニメーションの制作を手がけている。
    代表作:朝の連続ドラマ小説「花子とアン」タイトルアニメーション

  • Episode6 スーツケースと階段

    遠方から電車でターミナル駅についた親子。慣れない都会で、出口を探していると…
    episode 6
    アニメーション作家
    杉﨑貴史

    映像制作会社を経て、フリーランスとなりCM・テレビ番組・WEBなどでイラストレーション、アニメーションの制作を手がけている。
    代表作:絵本「マイク・デービス」