明治安田生命×J.LEAGUE

地元の元気プロジェクト
地元の元気プロジェクト

栃木SC

栃木SC選手 ©J.LEAGUE

2021/3/12

みんなの地元魅力紹介「栃木編」
日光の麓に息づく食と文化

宇都宮・餃子VS小山・いちご、栃木グルメの粋を巡る

地元の魅力を紹介していく52回目は、栃木SCの森俊貴選手とともに、地域ならではのグルメや注目スポットを訪ねます。

日光や那須からきれいな水が流れ、肥沃な大地が広がる栃木。冬の日照時間の長さを活かしたいちごの生産量は全国トップクラス! 町おこしとして始まった宇都宮餃子は今や全国区に。日光東照宮や鬼怒川温泉も欠かせない観光スポットで、那須地区には「那須ハイランドパーク」などのテーマパークや牧場などを有するリゾート地が広がっています。

餃子パワーで勝ち抜け!
地域密着型チーム

宇都宮駅

栃木SCは宇都宮市を本拠地として、2009年にJリーグに加盟したクラブです。マスコットはサルをモチーフにしたトッキー。小学校以下の子どもたちが無料でホームゲームに入場できるパスポート「夢パス」を発行するなど、地域との結びつきを大切にしているクラブです。

芳賀郡出身の森選手は、小学校の頃から栃木SCのアカデミーでプレーし、高校卒業後は法政大学へ進学。2020年より栃木SCへ加入した、生粋の栃木っ子。若きミッドフィルダーとして攻守に期待されています。

戦後から続く地元のソウルフード
全国区に広がる「宇都宮餃子」

来らっせ 本店 店内

宇都宮には、駅の近くに餃子街道があり、専門店がズラリ。森選手にとっても餃子は幼少時から身近にあったものだとか。「栃木県、宇都宮といえば餃子ですね! 食卓によく並んでいた思い出が多く、大人になった今でも大好きな地元のソウルフードです」。

この日は、人気店の餃子を一度に楽しめる、餃子のテーマパーク「来らっせ 本店」へ。宇都宮餃子会の理事を務める鈴木章弘さんは、「昭和26年頃、満州から引き上げた人たちを中心に商売を始めたのが宇都宮餃子。平成に入ってからはテレビ番組でも取り上げられて全国区に。戦後の苦しい時にも宇都宮市民のそばには餃子があり、笑顔になれました」と、宇都宮市民の愛する餃子とその歴史について語ってくれました。

野菜多めで何皿でもいけちゃう!
ラー油の瓶底の“砂”が宇都宮流

餃子を焼く風景

餃子職人がひしめき、店主の数だけ個性のある宇都宮餃子。キャベツだけでなく白菜なども入った野菜の多さが特徴で、3~4皿を平らげる人も多いとか。森選手も「美味しいのはもちろん、野菜多めだと、あっさりしていて何個でも食べられるのがいいですね!」とその魅力をアピール。

森選手と餃子©TOCHIGI SC

森選手はタレにもこだわりが。「醤油と酢とラー油の比率でタレの味が変わりますよね。僕は酢を多めにするのが好みです。色々試して、お気に入りの味を見つけてください!」と。“砂”や“じゃりじゃり”と呼ばれる、ラー油の瓶底にたまった辛味成分をつけて食べるのも宇都宮流です。

お気に入り餃子に出会える
「来らっせ」で餃子食べ比べ!

餃子

「宇都宮みんみん」など人気店自慢の餃子の食べ比べを出来るのが、宇都宮餃子会が運営する「来らっせ 本店」のいいところ。中でもオススメは、99%以上のお客さんがオーダーするというA盛りとB盛り。人気店5店舗の味が、ひと皿で楽しめてしまいます。

「それでもやっぱり作った人が焼いた餃子が一番美味しい。ここでお気に入りを見つけたら、各店舗の方にも立ち寄ってみてください」と鈴木さん。

鈴木章弘さん

「来らっせ」では、持ち帰りの焼餃子も好評で、鈴木さんが「レンジでもいいですが、フライパンで焼き目をつけると、より美味しく食べられます」と教えてくれました。

来らっせ 本店

  • 住所:栃木県宇都宮市馬場通り2-3-12
    MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮 地下1階
  • 電話:028-614-5388
  • 営業時間:<常設店舗>月~金曜:11:00~20:30(L.O 20:00)、土・日・祝:11:00~21:00(L.O 20:30)
    <日替わり店舗>11:00~21:00(L.O 20:30)
    <お土産コーナー>10:00~21:00
  • 定休日:無休
  • ※2021年1月8日~、栃木県の時間短縮要請を受け20:00閉店となります。
    ※常設店は休業しております。

いちごの生産量国内トップクラス!
最新品種「とちあいか」が人気

いちご

次に森選手がオススメしてくれたのは、地元産のいちご。栃木では、冬の日照時間の長さから、太陽の光をたっぷり浴びた美味しいいちごが豊富に収穫されます。「なんといっても生産量日本一はスゴイ! 自信を持っておすすめできる名産品です」と太鼓判を押します。

森選手といちご©TOCHIGI SC

中でも、2019年秋に初出荷された「とちあいか」は、「とちおとめ」と「スカイベリー」を掛け合わせた最新品種。爽やかな甘みとちょうど良い酸味が合わさった濃厚な味わいに、ファンが急増中です。森選手に美味しい食べ方を聞くと、「先端のほうに甘味があり、ヘタ側から食べると最後までおいしく食べられます。僕は昔からこの食べ方。みなさんも試してみてください」とのこと。

旬の栃木産いちごが食べ放題!
いちご狩りで「宝探し」しよう

いちごの里ビニールハウス内

「毎年冬から春にかけての旬の時期は、特にいちごを食べたくなります」と、森選手。この時期に栃木県内で盛んなのが、いちご狩りです。「いちごの里」は、栃木県産の5種類のいちご狩りができる人気スポット。県内最大規模の敷地に150棟ものビニールハウスがあり、平日からお客さんでいっぱい!

企画営業部の山田毬花さんは、「ヘタが赤く、反り返っているいちごは、味が濃くて美味しいことが多いです。宝探し感覚で楽しんでくださる方が多いですよ」と、いちご狩りのコツを教えてくれました。30分間の食べ放題、お腹いっぱいで満足してくれるお客さんが多いとか。

森選手も絶賛の名物パンケーキ
「いちごの里」で1日楽しもう!

いちごの里 カフェ

「いちごの里」併設のカフェは、森選手の大のお気に入り。「園内のカフェで食べた季節のフルーツを使ったパンケーキが凄く美味しかったんですよ! フルーツやパンケーキ、生クリーム、どれを食べても美味しい。さらにボリュームがあるので大満足です! 他にもワッフルやパフェなどがあり、次に行った時は何を食べようか今から悩んでます(笑)」とのこと。

株式会社 いちごの里ファーム

  • 住所:栃木県小山市大川島408
  • 電話番号:0285-33-1070(受付時間9:00~17:00)
  • ※いちご狩りは完全予約制となります。電話またはホームページにて事前にご予約下さい。
    ※当日受付は予約に空きがある場合にのみ承ります。

階段を上れば足腰も鍛えられる?
圧倒的な美しさの「日光東照宮」

日光東照宮

日本を代表する世界遺産の一つである「日光の社寺」。国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並ぶ中でも圧倒的な美しさを誇るのが、徳川家康公を祀った「日光東照宮」。建物には豪華絢爛な漆や極彩色がほどこされ、そこかしこに配置された数多くの彫刻もあわせて息を飲む美しさです。

「栃木が誇る世界遺産。パワースポットとしても有名ですよね!」と森選手。地元ながら最近初めて訪れたそうで「その歴史と美しさに圧倒されました。家康公のお墓までかなりの階段を登るので足腰をガッツリ鍛えられます。お墓の横にある大きな木もパワースポットです!」とオススメしてくれました。

日光東照宮

  • 住所:栃木県日光市三内2301
  • 電話番号:0288-54-0560(社務所)
  • 拝観時間:4月1日~10月31日(9:00~17:00)
    11月1日~3月31日(9:00~16:00)
  • ※受付は閉門30分前に終了いたします

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が変更になっている場合があります。

PROFILE

森 俊貴 ©J.LEAGUE

森 俊貴 MORI TOSHIKI

背番号
10
ポジション
ミッドフィルダー
身長・体重
178cm/71kg
出身地
栃木県
前所属チーム
法政大学
TOPへ戻る