明治安田生命Jリーグサポーター宣言 サッカーキング選手インタビュー 明治安田生命の各支社は、地元のクラブを応援しています

明治安田生命×Jリーグサッカーキング 明治安田生命の全力応援宣言!

該当するエリアの記事はありません。

高木善朗
  • 東京都心本部

2017年10月
東京ヴェルディ全力応援宣言

「チャンスを追いかけて」できないことをできるように

東京ヴェルディで背番号10を背負う高木善朗選手。スポーツ一家に生まれ育ち、十代での海外挑戦を経て、今、プロサッカー選手として思うこと。「言われたことは一回でできるように」という気持ちはいつも変わらずに…

続きを読む続きを読む
曽ケ端準
  • 水戸支社
  • つくば支社
  • 成田支社

2017年9月
鹿島アントラーズ全力応援宣言

「サッカーで地元を盛り上げる」強いアントラーズを

泥だらけになりながらプロを目指して練習を重ねた日々も、あこがれのアントラーズのユニフォームに袖をとおしてピッチに立つ今も、曽ケ端準は茨城県鹿嶋市(旧鹿島町)とともにずっと歩んできた。

続きを読む続きを読む
倉田秋
  • 名古屋東支社
  • 名古屋西支社
  • 名古屋南支社
  • 岡崎支社
  • 刈谷支社
  • 名古屋マーケット開発部

2017年8月
名古屋グランパス全力応援宣言

「期待を背負う20歳の意気込み」積極的にゴールを!

名古屋グランパスのアカデミーで育ち、クラブ史上最年少の16歳でプロ契約をした杉森考起。20歳を迎えた今シーズンは出場機会も増え、より一層の期待を背負って戦う日々が続いている。

続きを読む続きを読む
倉田秋
  • 大阪中央支社
  • 大阪東支社
  • 大阪南支社
  • 堺支社
  • 大阪北支社
  • 阪神支社
  • 大阪マーケット開発部

2017年7月
ガンバ大阪全力応援宣言

「歓喜をともに」ガンバの10番を背負って

大阪府高槻市出身の倉田秋。ジュニアユースからガンバ大阪で育ち、今やチームの主軸を担う選手に成長を遂げた。ガンバを愛するファン・サポーターからの期待を一身に受け止めて戦う彼は…

続きを読む続きを読む

田中隼磨
  • 松本支社

2017年6月
松本山雅FC全力応援宣言

「地元・松本で描く夢」ファン・サポーターのために戦う決意

長野県松本市出身の田中隼磨。Jリーグでも屈指の実力と経験を兼ね備えた彼は14年から松本山雅FCで戦っている。松本のため、応援してくれるファン・サポーターのために…

続きを読む続きを読む

鎌田大地
  • 佐賀支社
  • 久留米支社

2017年5月
サガン鳥栖全力応援宣言

「最後まで走り切るために」さらなる高みを目指して

マッシモ体制2年目を迎えてチームの成熟度が高まり、実力派の選手が続々と加入して総合力も確実にアップした。そんなサガン鳥栖の攻撃の柱に…

続きを読む続きを読む

加藤大
  • 新潟支社

2017年4月
アルビレックス新潟全力応援宣言

「ファン・サポーターへ“共闘”を呼び掛ける」
声援を背に結果にこだわって戦う

苦しいときも温かい言葉を掛けてもらい、自分たちは支えてもらった。本当はファン・サポーターのほうがイライラしていたはずなのに。今度は…

続きを読む続きを読む

  • 平塚支社
  • 大船支社

2017年3月
湘南ベルマーレ全力応援宣言

「頼れるボランチがカムバック」見ていて楽しいサッカーを

昨シーズン終盤、無念の長期離脱から戦列復帰を果たしたが、副主将としてチームの低迷には少なからず責任を感じていた。だからこそ期するものが…

続きを読む続きを読む

  • 仙台支社

2017年2月
ベガルタ仙台全力応援宣言

「新シーズンへの決意表明」育ててもらったチームに恩返しを

2017年、ベガルタ仙台が大きく変わろうとしている。経験豊富な選手が加わり、新布陣への変更も視野に入れている。スタメン争いはさらに激しさを増すが、それでも生え抜きのアタッカー、奥埜博亮は…

続きを読む続きを読む

  • 熊本支社

2017年1月
ロアッソ熊本全力応援宣言

「地元への思いを語る」熊本で愛される選手に

遠く離れた北国でプロ入りの夢を叶え、2014年に故郷へ戻ってきた岡本賢明。「熊本に力を与えられるように、僕たちがもっと頑張らなければ」震災発生を受けて地元への思いを強めた岡本は誓いを…

続きを読む続きを読む

家長昭博
  • 静岡支社

2016年12月
清水エスパルス全力応援宣言

「サッカーとの出会いを語る」地元の期待を感じながら

静岡市の東源台FCでサッカーを始め、清水エスパルスジュニアユース、ユースを経て、2012シーズンにトップチームへの昇格を果たす。天皇杯3回戦ではエスパルスでの初ゴールも決めた。地元の期待を…

続きを読む続きを読む

家長昭博
  • 大宮営業支社
  • 埼玉西支社
  • 所沢支社
  • 熊谷支社

2016年11月
大宮アルディージャ全力応援宣言

「サッカーとの出会い」どんどんのめり込んでいった

「一緒に行かへん?」という友達の誘いが、少年の人生を変えた。そしてサッカーと出会えたことを「ありがたかった」と振り返る。今や、押しも押されもせぬ日本サッカー界を代表するサッカー選手になった…

続きを読む続きを読む

岩政大樹
  • 岡山支社

2016年10月
ファジアーノ岡山全力応援宣言

「夢の叶え方」誰でも夢にたどり着ける

瀬戸内海の島で育ち、大好きなサッカーを続けながら将来は、両親の職業でもある教師になるだろうと漠然と考えていた。しかし、状況が一変したのは高校時代のけがだった。心の奥底にあった《サッカーを続けたい…

続きを読む続きを読む

丸橋 祐介
  • 柏支社
  • 船橋支社

2016年9月
柏レイソル全力応援宣言

「柏レイソル歴、20年目」憧れ続けられる存在でいるために

柏レイソルのホームタウンの一つである千葉県流山市出身。U-15、U-18を経て、トップチームに昇格した大谷秀和はアカデミー時代を合わせると今年、20年目のシーズンを迎えた。暗くなるまでボールを追い続けた…

続きを読む続きを読む

丸橋 祐介
  • 大阪西支社
  • 阪神支社
  • 大阪南支社
  • 大阪北支社
  • 大阪マーケット開発部

2016年8月
セレッソ大阪全力応援宣言

「少年時代を振り返る」サッカーを楽しもう

大阪市住之江区出身で、セレッソ大阪の育成組織出身でもある。U-15、U-18を経て、2009年にトップチームへの昇格を果たす。不動の左サイドバックとして攻守にわたり活躍する丸橋祐介が家族に支えられて…

続きを読む続きを読む

田口 泰士
  • 名古屋東支社
  • 名古屋西支社
  • 名古屋南支社
  • 岡崎支社
  • 名古屋マーケット開発部

2016年7月
名古屋グランパス全力応援宣言

チームタイトル獲得を一番に考えたい

高校サッカーへの憧れから、高校進学と同時に地元・沖縄を離れ流通経済大学付属柏高校に進学。高校三大大会のすべてを制し、名古屋グランパスでプロとしてのキャリアをスタートさ…

続きを読む続きを読む

上田 康太
  • 浜松支社

2016年6月
ジュビロ磐田全力応援宣言

「少年時代を振り返る」仲間から刺激を受けて

サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする。周りから影響を受けながら、心身ともに成長を遂げていく。ジュビロ磐田の上田康太は、どのような経験を重ねてきたのか?仲間から刺激を受けたという少年時代…

続きを読む続きを読む

山本 英臣
  • 甲府支社

2016年5月
ヴァンフォーレ甲府全力応援宣言

「キャプテンが語る第2の故郷への思い」

クラブ初のJ1連続4年目を迎える、ヴァンフォーレ甲府の2016シーズン。この男がいないと始まらない。それが、キャプテンの山本英臣だ。在籍14年目を迎えるベテランはいかにしてプロのトビラを開いたのか。第2の故郷として…

続きを読む続きを読む

木本 敬介
  • 富山支社

2016年4月
カターレ富山全力応援宣言

「カターレ富山のMFが振り返る原点」

少年時代にサッカーを始めるきっかけは人それぞれだ。
同級生の影響を受けて地元の少年団に入る人もいれば、アニメやゲームで好きになって始める人もいる。カターレ富山で9年目のシーズンを迎えるMF木本敬介は…

続きを読む続きを読む

高木 大輔
  • 東京本部

2016年1月
東京ヴェルディ全力応援宣言

「東京ヴェルディのアカデミー出身選手が語る思い」

小学生の頃から東京ヴェルディ一筋の高木大輔は、「負けず嫌いな気持ちと、考えてプレーすることをアカデミーで学んだ」という。長い歴史の中で数々の栄光を手にしてきたこのクラブは今、彼のようなアカデミー出身選手を中心に…

続きを読む続きを読む

金森 健志
  • 福岡支社

2015年12月
アビスパ福岡全力応援宣言

「アビスパ福岡の若きストライカーが語る思い」サッカーが好きだから

明治安田生命J2リーグ第34節終了時点で4位につけているアビスパ福岡。J1への自動昇格圏内を十分に狙えるチームの躍進を支えるのは、21歳の若きストライカー、金森健志である。プロ3年目を迎えた彼が、いかに…

続きを読む続きを読む

岸田 和人
  • 山口支社

2015年11月
レノファ山口全力応援宣言

「レノファ山口のエースストライカーが語る思い」ゴールでみんなに喜びを

明治安田生命J3リーグで首位を独走しているレノファ山口。圧倒的な攻撃力を持つチームの得点源が岸田和人だ。「僕のゴールでみんなに喜んでもらいたい」熱き思いを胸に秘めピッチに立っているエースストライカ…

続きを読む続きを読む

小川 慶治郎
  • 神戸支社
  • 姫路支社

2015年10月
ヴィッセル神戸全力応援宣言

「ヴィッセル神戸の若きエースの思い」

ヴィッセル神戸のエースナンバー『13』を背負う小川慶治朗。兵庫で生まれ育ち、ヴィッセルとともに歩みを進めてきた彼が今、改めて話すサッカーへの熱き思い。

続きを読む続きを読む

清原 翔平
  • 金沢支社

2015年8月
ツエーゲン金沢全力応援宣言

「ツエーゲン金沢のエースが語る夢」あきらめない気持ちを持って

「見に来てくれた人の心に残るような試合をしたい」そう強い思いを抱いて戦っている選手がいる。清原翔平――。

続きを読む続きを読む