第1回「お客さまサービス推進諮問会議」の開催について

2015年6月11日に第1回「お客さまサービス推進諮問会議」を開催しましたので、審議内容等についてご報告します。

1. 開催日 2015年6月11日(木)

2. 出席者(敬称略)

議   長
 
賀来 敏朗(株式会社電通 マーケティングソリューション局 局次長
シニア・プランニング・ディレクター)
社外委員 早川 祥子(株式会社日本政策金融公庫 元社外取締役)
  〃 野村 修也(中央大学法科大学院 教授、森・濱田松本法律事務所 弁護士)
  〃 嶋村 和恵(早稲田大学商学学術院 教授)
社内委員 根岸 秋男(取締役 代表執行役社長)
  〃 殿岡 裕章(取締役 執行役副社長 国際事業部、秘書部、コンプライアンス統括部担当)
  〃 河本 茂(常務執行役 融資推進部、事務サービス企画部、「お客さまの声」統括部担当)
  〃 大西 忠(常務執行役 営業企画部、営業人事部、関連事業部担当)

3. 議題

諮問事項 (1) 2014年度お客さまお申し出状況および業務改善取組み方針について

(2) 2015年度「明治安田生命からのお知らせ」作成方針等について

報告事項 (1) 2014年度「お客さま懇談会」開催状況

(2) 番号制度開始に伴う個人情報保護に係る対応方針について

4. 社外委員からの主なご意見

  • 今まで郵送で対応していた手続きを、アドバイザーによる対応へ変更することは、とても大事なのでぜひ続けていただきたいが、苦情につながらないよう、事前の対策も十分検討いただきたい。
  • 「明治安田生命からのお知らせ」について、契約内容の点検・再確認というトーンを強め、お客さまとの双方向のコミュニケーションツールに変えたことは素晴らしい取組みである。
  • 「お客さま懇談会」におけるお客さまからのご意見・ご要望の蓄積は重要であり、こういったお客さまとのコミュニケーションが高まることで、社外への影響力が出てくると思う。
  • 番号制度は、利活用を推進し、メリットにつながるよう頑張っていただきたい。

ページの先頭に戻る