生命保険を活用した余裕資金・退職金の運用方法!

余裕資金・退職金の預け先を検討する場合、まず目的に応じてさまざまな商品に分散することがポイントとなります。その中で定年後のための余裕資金・退職金の預け先としてほかの金融商品とは異なる特徴を持つ生命保険も選択肢の一つです。

現役時代と定年後の余裕資金運用の違い

現役時代の運用スタイルの例・定年後の運用スタイルの例

ページの先頭に戻る

定年後の余裕資金の運用のポイント

イギリスのことわざ「卵は1つのカゴに盛るな」1つの商品に集中するより、複数の商品に分けたほうがリスクは少ない!

余裕資金を目的別に分ける(分散する)ことがポイントです!流動性を重視 安全性を重視 商品の特徴を重視

ページの先頭に戻る

生命保険の貯蓄性商品(一時払)の特徴

特徴1 加入時に将来の解約返戻金が決まっている(変額年金を除く)

特徴2 満期および解約時は、原則一時所得となる

特徴3 受取方法を選択できる(当社の場合)

当資料に記載の税務上の取扱いについては、平成25年2月現在の税制に基づくものであり、今後、税制の変更に伴い取扱いが変わる場合もあります。なお、所得税については、復興特別所得税が課税されます。個別の取扱いにつきましては、所轄の税務署等にご確認ください。

ニ-13-0023(13.03)営企

ページの先頭に戻る

おすすめの生命保険商品

お申込み手続きが簡単で、万が一の保障に加え、キャッシュバリューが魅力的な保険はこちら

エブリバディ10

関連リンク

お問い合わせ

ご来店でのお問い合わせ

生命保険に関する新規ご加入・保障内容の見直しについてのご相談等

当社ご加入の生命保険に関するご質問・お手続き

電話でのお問い合わせ

生命保険に関するご質問・お手続きはコミュニケーションセンターにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-662-332

受付時間

月曜~金曜:9:00~18:00 土曜:9:00~17:00
(いずれも祝日・年末年始は除く)

カードの紛失・盗難のご連絡は24時間受け付けております。

パンフレット請求

ご希望プラン請求

シミュレーション

ページの先頭に戻る