どのように将来の計画的な資金準備をしたら良いか?

準備する手段は?

将来の生活資金準備には、さまざまな方法があります

【預貯金】

【株式投資】

【個人年金保険】

選択肢がたくさんあるため、悩みどころですが…

ページの先頭に戻る

個人年金保険をおすすめします

おすすめする理由

安全かつ計画的に増やすことができる

「個人年金保険料控除」により、所得税・住民税の負担が軽減されます 「個人年金保険料税制適格特約」を付加すると、「個人年金保険料控除」の適用により、所定の割合で所得控除が受けられ、所得税・住民税の負担が軽減されます。
  • 社会保険料控除は財務省試算用指数を使用
  • 住民税の均等割は、5,000円として試算
  • 課税所得は1,000円未満切り捨て、税額は100円未満切り捨て
  • 課税所得の計算
    給与所得控除、社会保険料控除、個人年金保険料控除(加入の場合のみ)、配偶者控除(所得税38万円、住民税33万円)、扶養控除(一般(16歳~18歳)は所得税38万円、住民税33万円、特定扶養親族(19歳~22歳)は所得税63万円・住民税45万円、基礎控除(所得税38万円、住民税33万円)を差し引き算出
  • 夫婦と子1人は、一般の控除対象扶養親族1人として計算。子がすべて扶養控除対象外の場合は、独身者または夫婦を参考のこと
  • 生命保険料控除の対象となる生命保険、個人年金保険、介護保険または医療保険に加入の場合、生命保険料控除額は、旧制度が適用される契約については、一般、個人年金それぞれ最高で所得税5万円、住民税3万5,000円、新制度が適用される契約については、一般、個人年金、介護医療それぞれ最高で所得税4万円、住民税2万8,000円となる。ただし、旧制度・新制度の双方にご契約がある場合の合計適用限度額は所得税12万円、住民税7万円となる
生命保険料控除制度の改正について
旧制度適用契約・新制度適用契約

「個人年金保険料控除」の適用を受けるには、旧制度・新制度ともに「個人年金保険料税制適格特約」の付加が必要です。

当資料に記載の税務の取扱いについては、2017年1月現在の税制に基づくものであり、今後、税制の変更に伴い取扱いが変わる場合があります。個別の取扱いにつきましては、所轄の税務署等にご確認ください。

募Ⅱ1610564営企

ページの先頭に戻る

おすすめの生命保険商品

将来の資金づくりをご希望の方に

年金かけはし年金ひとすじ

関連リンク

お問い合わせ

ご来店でのお問い合わせ

生命保険に関する新規ご加入・保障内容の見直しについてのご相談等

当社ご加入の生命保険に関するご質問・お手続き

電話でのお問い合わせ

生命保険に関するご質問・お手続きはコミュニケーションセンターにご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-662-332

受付時間

月曜~金曜:9:00~18:00 土曜:9:00~17:00
(いずれも祝日・年末年始は除く)

カードの紛失・盗難のご連絡は24時間受け付けております。

パンフレット請求

ご希望プラン請求

シミュレーション

ページの先頭に戻る